スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

天狗のお面/修復

古い天狗のお面の修復をさせていただきました。
まず古い塗装を洗い流し、木地の状態にします。その後
紙(古い和紙)を貼り、木地を補強しました。
彩色の職人さんへバトンタッチする前に、当方で下地を施します。

天狗のお面1

天狗のお面2

天狗のお面3

天狗のお面4

彩色の後の様子です。

天狗のお面5

この後、眉や髭などのパーツを取り付けるのだと思われます。
楽しいお仕事でした。
 
.31 2015 しごと comment0 trackback0

お寺の修復作業(上壇框)

先日、西日本のとあるお寺の現場修復のお仕事をさせていただきました。
本堂の左右(二カ所)にある上壇框(じょうだんがまち)の修復です。

作業過程の一部をご紹介します。
修復のため、下地を研磨した様子。(左側の上壇框)
DSC00033.jpg

下地固め、研ぎ、中塗り途中。(こちらの画像は右側になります)
DSC00041.jpg

こちらは上塗り作業。埃や虫に細心の注意を払い作業します。
DSC00042.jpg

このようにいくつもの行程を経て修復が進んでいきます。
仕上がりの様子。金具も入り、美しいですね。
余間框金具(手打平金具2)

塗師屋、金具屋など何人もの職人の手が入り本堂という空間が出来上がります。
余間框金具(手打平金具2)up

このようにまた現場修復のご縁があり、ありがたく思っております。
田園風景の広がるとても美しい処でした。
DSC00031.jpg
.22 2015 しごと comment0 trackback0

納品と美しい倉敷観光

先日、ご縁があり瀬戸内海あたりの島にある由緒あるお寺に納品に伺いました。
漆塗りの品物を修復させていただいたのです。
本堂での組み立て作業の他、庫裡の方もご案内いただきました。
そこで歴史に名を連ねる偉人たちの「書」を見せていただきました。
額装・軸装された博物館でしか見られないと思っていたものを間近で拝見する
事ができ、驚きと感銘をうけました。今回もご縁があり、ありがたく感じて
おります。

納品が無事にすんで、京都までの帰り道で少し時間ができましたので、岡山県の
倉敷に寄ってみることになりました。

この辺りは美観地区に指定されており、京都とはまた違う風情のとても美しい
エリアになっていました。

kurasiki.jpg

kurasiki2.jpg

kurasiki3.jpg

宿泊したホテルアイビースクエアにて

ivyhotel2.jpg

ivyhotel3.jpg

ivyhotel.jpg

ivyhotel4.jpg


美観地区内にあるパン屋さんです。

pan.jpg

pan1.jpg

こんな面白いお店もありましたよ。
ビクター犬がズラリと屋根に並んでいます。

kurasiki5.jpg

アウトレットモールもありました。

kurasikioutlet.jpg

今回の出張は岡山での寄り道で、観光も楽しめました。
.07 2014 しごと comment0 trackback0

縁側の摺りうるし



民家での仕事です。
今回は廊下、玄関と縁側の摺りうるしをすることになりました。

写真で見ての通り、シミがたくさんあって複雑な汚れ方をしています。
油性か水性か、染まっているのか、など考慮しつつまずはクリーニングをするところから始めます。

難敵はガムテープらしき粘着物でした。溶剤でも溶けにくく、表面を削り落として取り除くこと半日。

雨のシミは比較的かんたんにスッキリしました。



数回の摺りうるしを行います。
まずは一回目です。
漆をたくさん木が吸い込むのでムラができないように気をつけます。



一回目がおわってこんな様子です。
沢山吸い込んだところは黒くカサついた印象ですね。
二回目の摺りうるしでどうなりますか、次回をお待ちください~。
.11 2012 しごと comment0 trackback0

立焼香卓のお洗濯

お洗濯で見違えるようになりました。


Before



After


角筆返し
天板の木地直し
漆の塗り、面朱
錺金具の新調
桧垣板の彩色
.27 2012 しごと comment1 trackback0
 HOME 

プロフィール

はじめ漆工

Author:はじめ漆工
一漆工のブログへようこそ!
お寺での漆塗りや
仏像修復などのブログを綴って参ります!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。