スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

樫野崎灯台官舎の修復

$うるしにまつわる日記

久しぶりのブログ更新です。

二月は和歌山県の潮岬東部にある「紀伊大島」というところへいってきました。
ほぼ本州最南端。

140年前に建てられた灯台官舎の修復工事に携わりました。
灯台は改良を重ねられながら現役で活躍し続けています。
しかしながら、その横にある官舎は灯台の無人化によって本来の役目をおえることとなりました。詳しいことはこちらを参照してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/樫野埼灯台


$うるしにまつわる日記


いざ建物に入ってみると、内装はぼろぼろ!
触れば朽ち落ちるような風化をしていました。

内装には当時日本では貴重だった技術を用いて仕上げが施されていたようです。木目塗りという手書きの木目調仕上げです。
明治の初期にこのような手法を大胆に取り入れていたとは。。。
当時の官舎に対して相当なこだわりがあったのでしょうね。

$うるしにまつわる日記

木目塗りの一部分です。
※板ではなくて板みたいな絵です。西洋のトロンプルイユ(だまし絵)みたいな。

$うるしにまつわる日記


古い塗膜は貴重な文化財です。これを残すようにラッピングして
上から新たに木目塗りを施します。

$うるしにまつわる日記


私たちが行ったのは木目塗りの下地までですが
ふだんはお寺に漆を塗るのがほとんどなので
私たちにとっては貴重な機会でした。
伝統的な技術が、伝統的な文化を支えています。
今回は文化財保存の一躍を担うことができました*

.28 2011 しごと comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kyotohajime.blog.fc2.com/tb.php/9-dd4a9793

プロフィール

はじめ漆工

Author:はじめ漆工
一漆工のブログへようこそ!
お寺での漆塗りや
仏像修復などのブログを綴って参ります!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。