縁側の摺りうるし



民家での仕事です。
今回は廊下、玄関と縁側の摺りうるしをすることになりました。

写真で見ての通り、シミがたくさんあって複雑な汚れ方をしています。
油性か水性か、染まっているのか、など考慮しつつまずはクリーニングをするところから始めます。

難敵はガムテープらしき粘着物でした。溶剤でも溶けにくく、表面を削り落として取り除くこと半日。

雨のシミは比較的かんたんにスッキリしました。



数回の摺りうるしを行います。
まずは一回目です。
漆をたくさん木が吸い込むのでムラができないように気をつけます。



一回目がおわってこんな様子です。
沢山吸い込んだところは黒くカサついた印象ですね。
二回目の摺りうるしでどうなりますか、次回をお待ちください~。
.11 2012 しごと comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

はじめ漆工

Author:はじめ漆工
一漆工のブログへようこそ!
お寺での漆塗りや
仏像修復などのブログを綴って参ります!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR